「PrimoPDF」で簡単にPDFファイルを作りましょう

個人では使用することが滅多にないかもしれませんが
文章や表計算、グラフなどPDF形式で保存することで
少し便利になるので、フリーで使えるソフトである PrimoPDFを紹介したいと思います。

PrimoPDFとは?

本来、紙で印刷を行う手順を行うような
ワープロソフトや表計算ソフト、プレゼン資料などを
同じ手順でPDFファイル化してしまうというものです。

ですので、インストールして、あとは印刷ボタンを押せば
簡単にPDFファイルになるというものです。
(裏を返せば、印刷機能のあるファイルにしか使用できません)

PDF化のメリット

こちらでは、PDF化した資料をadobe Readerで
使う場合の利点を2点ほど紹介したいと思います。

1.紙のサイズ指定を気にしなくていい
PDFファイル化したものを、紙に印刷しようとしたときに
印刷するプリンタの適用サイズを気にすることなく
自動で縮尺をして印刷をしてくれるというところは
初心者には非常にありがたい機能です。

2.文字・グラフのグラフィック化が綺麗にできる。
普段、表計算ソフトのグラフや、ワープロソフトの文字を
そのままコピーして画像データとして貼り付ける時は、
文字がぼんやりしたり、ドットの角が立ったりして
見栄えが良くない場合が多いですが。

ADOBE Readerの「スナップショット」機能を使って、
画像データとして貼り付けを行うと、
ディスプレイの表示通りに 綺麗に文字などを貼り付けることが出来ます。

snap

手順は増えますがそこまでの手間ではありませんし、
その手間以上の効果があると思うので是非とも利用していただきたいです。
余談ですが、ここのタイトルもスナップショットを利用して作成しました。

PrimoPDF インストールと使用手順

1.インストールファイルをダウンロードしてくる。
(一応Windows8でも動きましたが、推奨はvistaまでです)
PrimoPDFダウンロードページ

2.落としたファイルを開いて、primoPDFをインストール
インストール後、プリンタと並んで「PrimoPDF」という仮想のプリンタが出来ます。

3.PDFしたファイルを開いて、印刷ボタンを押す。
プリンタを「primoPDF」を使用して「印刷」か「OK」を押す。

pdf1

(1)プリンターの選択で「PrimoPDF」を選択 (2)「印刷」ボタンを押す

pdf2

(2)の後、この画面が出てくるが次回以降に必要なければ 「常にこのメッセージを表示する」のチェックを外す。

4.primoPDFの画面が開き、ファイル名を指定し「OK」を押す。
(変更したい場合は、上のebookやプリプレスのタグ、
もしくはオプションのボタンを使用して変更 特にこだわりがなければ、そのままの設定で使えます)

pdf3
(3)でファイルの保存先とファイル名を指定する。 (4)でPDF作成

5.指定した場所にPDFファイルが作成される。
設定がそのままなら、作成したPDFファイルが開きます。
以上のステップでPDFファイルが作成されます。

実際にやってみると、
この記事で見るよりもっと簡単にできると思いますので 使ってみてはいかがでしょうか?

(了)

広告
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク