「1万円起業」(クリス・ギレボー著/本田直之 監訳)を読みました

目次
第1部 気がつけば、起業家
第1章 自分を再発見しよう
第2章 「魚」を与えよ
第3章 情熱だけでは成功しない
第4章 ノマド起業の真実
第5章 顧客の年齢層を調べるな

第2部 さあ、街で売ろう
第6章 ビジネスプランはA4用紙1枚に
第7章 断れないオファー
第8章 本日発売
第9章 売り込みは穏やかに
第10章 儲かり続けなければ仕事じゃない

第3部 利益を増やす次の一手
第11章 収入を倍増させる微調整(ツイーク)
第12章 自分をフランチャイズしよう
第13章 大きくなることはいいこと?
第14章 あなたはもう、いちばんの専門家!

書店で気になって、ジャケ買い状態で読みましたが、
今後やってみようかと思うくらい参考になったので シェアしたいと思います。 簡単に説明をするとスモールビジネスができる時代になってきた。
しかもそれ単体でも生活費を稼げるような売り上げを上げることが
可能な世の中になってきたということが書かれています。

どれくらい簡単なのか?

資金としてはタイトルにもあるとおり、1万円(100ドル)程度の資金で
ビジネスを起こし、年間500万程度の売り上げが可能で、
ビジネスプランの作成も、A4サイズ1枚で十分であるということが 示されています。
実際にそうして行われた事例も挙げているので 非常に参考になります。

あなたは既に専門家である

また、いざ始めようとする時に大規模なビジネスには現状なり得なくても、
ターゲットを絞り込んでいけば、数人から数百人には専門家として
通用する知識を既に自分が兼ね備えているということも言われています。

「ノマド」などで有名になった安藤美冬の対談を見に行った際に
仕事をしていくためには、100万人に1人の逸材になれということ

しかし、それは1つのものに対して100万人に1人を目指すのではなく
100人中1位になれるジャンルを3つ持てば100の3乗で
100万人に1人になれるというフレーズにもつながる部分もありました。

自分では出来ることが実は他の人にとってはすごいこと

上の専門家の話にも通じることですが、
実は自分が普通に出来ることというのが実は他人にとっては
出来ない才能であることも言われています。

これは自分以外の人と話したり交流したりしないと発見できないので、
やはり人との関わりも 重要なポイントであると教えられます。

以上のように、リスクなしにやりたい仕事や自分に合った仕事を見つけて
始めるには最適な環境が揃っている状況になっているので、
残すは自分が1歩踏み出すかにかかっています。

その勇気を持つためにも、この本を読まれることをおすすめします。

(了)

広告
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク