今、聴いているポッドキャストを紹介します。2013AW

勝手に文字起こしをするブログをやっていることもあって
週に100本くらいのポッドキャストを聞きます。
今回は、私が日頃聞いているものをご紹介します。

タイトルの横には、目安として配信ペースと
1本あたりの分数を書いてみました。
一応カテゴリ区切って順を追って紹介していきます。

ニュース系

辛坊治郎ズーム そこまで言うか!(週1本・30分程度)
http://www.1242.com/program/zoom/
辛坊治郎さんがその週のニュースについて語れていますが
テレビでは語られないようなエピソードが辛坊さんの軽やかな語り口で 聞くことが出来ます。

荻上チキ・Session-22(月~金で日2~3本・20分から50分)
http://www.tbsradio.jp/ss954/
毎日、直近のニュースからワンテーマをほぼ1時間にわたり取り上げる部分と
後半部分は「キッチンの変化」とか「野宿」のような
少し柔らかい話題を取り上げる部分に分かれています。
気になるテーマがあると選抜して聞いています。

荒川強啓 デイ・キャッチ!(月~金で日5本・10分~30分)
http://www.tbs.co.jp/radio/dc/
当日話題になっているニュースをランキング形式で取り上げています。
最近、短時間でニュースが分かることが主軸に置かれているみたいなので
サクっと情報を得るにはちょうど良いと思います。

大竹まこと ゴールデンラジオ!「オープニング」(月~金で日1本・20分~30分) http://www.joqr.co.jp/blog/golden-opening/
大竹さんと相手役の女性(何故か現在は独身女性ばかりになっていますが)とのバカ話から、
新聞からの話題へと話題の高低差の変化が楽しめます。
特に木曜日の光浦靖子さんの回が個人的には好きです。

大竹まこと ゴールデンラジオ!「大竹紳士交遊録」(月~金で日1本・15分程度) http://www.joqr.co.jp/blog/shinshi/
レギュラーコメンテーターの話を聞くコーナーです。
こちらも木曜日になりますが大森望さんの書評コーナーは面白いです。

情報系

SUNDAY FLICKERS(週4本・10分程度)
http://www.jfn.jp/RadioShows/sunday
「落語ショートオンショート」では、一之輔さんの落語が聞けますし、
「そこが知りたい」では、最新の映画や本が中心の話題
「JACK IN THE BOX」では最新のモノやスポットの情報が聞けます。

ザ・トップ5(火~金で日1,2本・3分~10分)
http://www.tbsradio.jp/top954/
TBSのナイターオフで放送される様々なトップ5を紹介しています。
パーソナリティもさることながら、
相手のアナウンサーの普段聞くことの出来ない エピソードが楽しめる番組です。

音楽系

MUSIC 24/7 西寺郷太”TAMAGO RADIO”(週1本・10分程度)
http://www.tbsradio.jp/m247/tue/
NONA REEVESのボーカルであり、
マイケル・ジャクソン評論家である郷太さんによる
ポップミュージックの歴史や、曲の紹介など聞けます

マキタスポーツラジオはたらくおじさん(週1本・40分程度)
http://blog.jorf.co.jp/makita1422/
歌うまい王であり、作詞作曲ものまねという音楽ネタをしている
マキタさんの音楽番組です。(一部ネタコーナーもあります)
「曲の長さ」から「俳優ロック」まで取り上げるジャンルは多彩です。

菊池成孔の粋な夜電波(週1本・30分程度)
http://www.tbsradio.jp/denpa/index.html
ジャズミュージシャンの菊池さんが自分でCDをかけながら喋るスタイルの 番組です、
曲は著作権の事情で聴けませんが、 出くわす人々のエピソードの面白さを中心に聞いています。

学術・カルチャー系

伊集院光の週末TSUTAYAに行ってこれ借りよう(月2本・20分程度)
http://www.tbs.co.jp/radio/tsutaya/
ゲストのおすすめの映画を1本紹介してもらい、
3点のポイントに絞って紹介されます。
『週末これ借りよう』編と、『先週あれ観たよ』編に分かれますが
ポッドキャストとして 挙げられるのは『週末これ借りよう』編のみです。

夢★夢Engine!(週1本・30分)
http://www.tbsradio.jp/yumeyume/
研究者にスポットライトを当てて、その研究について話されます。
松尾貴史さんの見識が広いので、どのジャンルの研究についても
切り返される様子は感心します。

すっぴん!「源ちゃんのゲンダイ国語」(週1本・20分程度
http://www.nhk.or.jp/suppin/podcast.html
NHKラジオで高橋源一郎さんが「言葉」にまつわる 様々なテーマを取り上げています。
「言葉」にまつわることだけあってラジオ(ポッドキャスト)という
環境がマッチしているように思います。

ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル(週3本・45分程度)
http://www.tbsradio.jp/utamaru/
映画時評「ムービーウォッチメン」での映画の知識量とその視点は
ギャラクシー賞受賞と言うことで証明されていますが、
もう一方の特集コーナー「サタデーナイトラボ」でテーマの選定も
目を見張るものがあります

真夜中のハーリー&レイス(週1本・30分程度)
http://blog.jorf.co.jp/bijuuradio/
主な話題はプロレス・格闘技ですが、
話がいろいろな分野に転用できるくらいエピソードが豊富です。
ゲストもプロレスラーだけでなく俳優・作家・アイドルと
たまに驚くようなカードが出てきます。

ラジカントロプス2.0(週1本・60分前後)
http://blog.jorf.co.jp/radio/
番組のディレクターである福田さんと
歌う放送作家・植竹さんが交代でゲストにインタビューをする番組です。
ディレクター福田さんの回は、女性アイドルやモデルなど
ある種のターゲットを絞りきって取り上げており、
植竹さんの回は、若手のお笑い芸人・現代音楽や70年代活躍したプロデューサー
作家さんからとゲストの選定がおもしろい番組です。

トーク

JUNK伊集院光 深夜の馬鹿力(週1本・10分程度)
http://www.tbs.co.jp/radio/format/ijuin.html
伊集院さんの話をコンパクトに切り取られていて
それでいてきっちりオチまで聞かせてくれます。

たまむすび(月~金で2~3本・20分程度)
http://www.tbsradio.jp/tama954/
「モーニングバード」の赤江珠緒さんのテレビでは見られない面が
楽しめるのが、最大の魅力だと思います。
前任者と違って勧められたものをきちんと見るのも好感が持てます。

また、町山智浩やジェーンスーさんなどのおもしろい大人たちの
ためになる話を定期的に聞けるのもポイントです。

東京ポッド許可局(週4本・10分~30分)
http://www.tbsradio.jp/tokyopod/
http://www.voiceblog.jp/tokyo-pod/
マキタスポーツ・プチ鹿島・サンキュータツオの3人で
自分たちの視点を「論」として鼎談しています。
「きゅうりがうまい」という話から「クルーザー論」のような
人間の倫理観に訴えるような話までその振り幅の広さが楽しめます。

あの頃の、昭和館(現代漫才論)(不定期・30分~)
http://www.voiceblog.jp/anokorono/
管理人の柳田さんを中心に関西演芸界にまつわる話を
イヤホン越しに伝わってくるのではないか?というくらいの熱量で 語られています、
まずは熱量に押されその後その内容に濃さに圧倒されます。

角田龍平のオールナイトニッポンポッドキャスト(ほぼ週1本・60分程度)
http://podcast.1242.com/
弁護士である角田龍平さんが毎回1時間程度一人語りされてます。
新聞から抜粋してそれを取り上げるかつての某ラジオを彷彿させます。

高田文夫のラジオビバリー昼ズ(月~金で日1本・10分程度)
http://www.1242.com/takada/

オープニング部分を配信していますが、
主に関東演芸会の話題を得るために聞いています。
時々いつも以上に勢いを増す高田先生のトークを密かに楽しみにしています。

大竹まこと ゴールデンラジオ!「大竹メインディッシュ」(月~金で日1本・30分程度) http://www.joqr.co.jp/blog/main/
大竹さんとゲストとのトークコーナーです。
演歌歌手やベテラン俳優、文化人・学者などラインナップは地味と思うかも知れませんが、
お話の重みが他のものとは少し違う気がします。
木曜日は主に若手芸人枠になっていてかつての大竹さんの姿を拝めます。

以上が今聴いているポッドキャストになります。
興味があったら少しでもいいので聞いてみて下さい。
次のラジオの改編は春にあるので、
またその頃に「2014SS」としてまた発表していければと思います。

(了)

広告
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク