「ウルフ・オブ・ウォールストリート」を観てきました。

あらすじ(映画.comより引用
レオナルド・ディカプリオとマーティン・スコセッシ監督が5度目のタッグを組み、実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートのセンセーショナルな半生を描いた。22歳でウォール街の投資銀行へ飛び込んだジョーダンは、学歴もコネも経験もなかったが、誰も思いつかない斬新な発想と巧みな話術で瞬く間になりあがっていく。26歳で証券会社を設立し、年収4900万ドルを稼ぐようになったジョーダンは、常識外れな金遣いの粗さで世間を驚かせる。全てを手に入れ「ウォール街のウルフ」と呼ばれるようになったジョーダンだったが、その行く末には想像を絶する破滅が待ち受けていた。ジョーダン自身による回顧録「ウォール街狂乱日記 『狼』と呼ばれた私のヤバすぎる人生」(早川書房刊)を映画化。共演にジョナ・ヒル、マシュー・マコノヒー、マーゴット・ロビーら。

株式ディーラーとして、既存の意識と大きく転換した
販売方法に切り替え、素人のディーラーもプロに見せるという
演出方法も面白く引き込まれた。

感心するのは冒頭で終わり、その後はその能力と
引き換えに抱えてしまった凶器の部分を残り全編において
飲む・打つ・買うの限りを尽くして映し出されてます。

ディカプリオが一瞬ゴリラに見えてしまうほど
迫力あるスピーチシーンや、ケンカのシーンは
その中でも注目すべき場面だと思います。

その凶器の部分は3時間という上映時間にも
現れていますが、いい意味で常軌を逸した映像の連続なので
3時間も見ていることを忘れさせてくれます。

(了)

広告
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク