「7番房の奇跡」を見てきました

あらすじ(映画.comより引用

無実の罪で投獄された知的年齢6歳の父親と幼い娘に起きる奇跡のような物語を描き、韓国で大ヒットを記録したドラマ。もうすぐ小学校に入学する少女イェスンは、子どものように無邪気な父ヨングと2人で、貧しくも幸せな毎日を送っていた。ところがある日、ヨングが女児を誘拐・殺害したとして逮捕されてしまう。ヨングが収監された7番房の仲間たちは、彼とイェスンを会わせるためにある計画を思いつくが……。「王になった男」のリュ・スンリョンが、娘を愛する父親役を熱演。

新宿武蔵野館で予告編を見たときから
気になっていたので、早速シネマート心斎橋にて見てきました。

予告編から推測するにこれは「泣くための映画」だと推測し、
見たところ思った以上に泣ける映画でした。

父子家庭で父親が知的障害者、その父親の純粋な愛に包まれて
育つ健気な少女という設定からしてもう泣くしかありません。
その上、冤罪から父娘の分断へと流れていきます。

この映画全般としてのフックとして多用されるのが
韓国映画でありながら「セーラームーン」であることは
注目すべき点だと思います。

まさかこの歳になって「セーラームーン」に泣かされ
「セーラームーン」で笑うとは思ってもいませんでしたが
全編にわたってのキーフレーズとして登場してきます。

よくよく考えてみると、知的障害者を純粋な人として
とらえるのはどうしたものか?と疑問も浮かびましたが
見ているときはそんなことを考えることなく
その世界に惹き込まれると思います。

映画「7番房の奇跡」公式サイト

(了)

広告
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク