「キック・アス/ジャスティス・フォーエバー」観てきました

あらすじ(映画.comより引用
オタクな高校生がヒーローとして立ち上がる姿を描いたマーク・ミラー原作のコミックを映画化し、口コミで評判が広まり全米大ヒットを記録した「キック・アス」のシリーズ第2作。キック・アス、ヒット・ガールというヒーローの姿を捨て、普通の学園生活を送っていたデイブとミンディ。しかし、卒業がせまり将来について考えたデイブは、スーパーヒーロー軍団を作り、世界の平和を守ることを決意する。キック・アスの活躍に触発された元ギャングの活動家スターズ・アンド・ストライク大佐とともに「ジャスティス・フォーエヴァー」を結成したデイブだったが、そんな彼の前に、打倒キック・アスを誓うレッド・ミストがマザー・ファッカーと名を改め、悪の軍団を率いて姿を現す。主演のアーロン・ジョンソン、クロエ・モレッツ、クリストファー・ミンツ=プラッセも続投し、ストライプス大佐役でジム・キャリーが新たに参加。前作を手がけたマシュー・ボーンは製作にまわり、「ネバー・バックダウン」のジェフ・ワドロウ監督がメガホンをとった。

前作から注目度が変わったせいもあるとは思いますが
なんだか表面上は同じでも全然違うものを観たような感覚でした。

アクションが肉弾戦多めでナイフを使う描写が減り
主人公自体がリア充になってて、ムキムキな身体になったり
仲間が増えていたり、複数の恋人を得ていたりと
前作で共感できる主人公だった要素がガラっと変わったのが印象的でした。

しかし、そんな中ヒットガールはその逆に外見は変わりつつも
その信念が全然変わっていなかったところは素晴らしく
ものすごく評価の上がるポイントでした。

クロエ・モリッツがナードの心をわしづかみにしたまま
女優として次なるステップへ進むことが出来るという点においては
最高の作品であると思います。

(了)

広告
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク