「ゲームセンターCX THE MOVIE 1986マイティボンジャック」観てきました

あらすじ(映画.comより引用)
お笑い芸人の有野晋哉(よゐこ)が「有野課長」としてメインパーソナリティを務め、懐かしのコンピュータゲームに挑戦し、完全クリアを目指す姿を追ったフジテレビCS放送の人気バラエティ「ゲームセンターCX」を映画化。1986年、ゲームを愛する少年ダイスケは、密かに好意を寄せている同級生のクミコに近づくきっかけを作るため、不良たちに借りパクされたゲームソフト「マイティボンジャック」を取り戻そうと立ち上がる。一方、時を超えた2006年、テレビ番組「ゲームセンターCX」のファンを前に超高難度のゲームクリアに挑戦していた有野課長は、奇跡的なプレイを連発するが、挑戦終了のタイムリミットが迫り……。

以前からのファンだったのでお布施のつもりで行ってまいりました。
最近なぜか梅田ブルク7に通うことが多く、
独自のコンテンツのラインナップに圧倒されています。

冒頭のあたりはかつて見たことのある「有野の挑戦」を
ただただ引き伸ばして見せられているか?と
少し疑問と怒りの要素も持ってしまいますが

その後突如現れるドラマパートの映像の美しさにまず
8年間という時間と映画とテレビの画質の進歩の差に驚きます。

また更にドラマパートとドキュメンタリー部分、
更にはゲームの内容まで複雑に絡み合うストーリー展開は
テレビ番組の見せ方として新しく画期的な方法として楽しめると思います。

最初はすこし怒りもこもった感情でみていたのだが、
これまでの「THE MOVIE」的な既存客だけが楽しむだけというものではなく
初見者であっても十分楽しめる内容だと思います。

(了)

広告
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク