唐沢俊一しゃべりっぱなし三時間に行ってきました

「面白いから観てきてよ」とお誘いいただいたので
大阪・ロフトプラスワンウエストで行われた

「唐沢俊一しゃべりっぱなし三時間
『総括・第一次オタク世代?あれは何だったのか?』」
を鑑賞しに行ってきました。

lpow

「第一次オタク世代」とは何だったのか?というお題で
出版してほしいという依頼があったそうで、その考察をまとめるため
しゃべりながら考えをまとめていくということで行われたイベントだそうで

唐沢さんの思春期時代の社会・事件などの年表をもとに
前半はお話が展開されていました。

前半の話題としては宇宙戦艦ヤマトの打ち切りや
第二期ウルトラシリーズ終了など「大人に裏切られた」感というのが
キーワードとなるような背景を語られておりました。

まずそもそもの話として、オタクが世代分けされているという
印象がなかったのでその区分けに驚いたのと、
各世代別でその特性が異なるというところは非常に面白かったです。

今回は第1次世代のお話だけでしたが、
第2、第3と続く世代の話も聞いてみたいと思いました。

後半は「スターウォーズ」公開にまつわる
日本での反応や動きについて語られていました。

こちらはこれまである程度聞いていた「スターウォーズ」公開時の
反応とは全く違った切り口だったので非常に興味深く聞くことが出来ました。

初めて唐沢さんのお話を聞かせて頂きましたが、
どれも非常に事実を客観的に語られていながらも内容が面白く
とても興味深く聞くことが出来ました。

今回は話はまだ前書き段階にしか過ぎないとのことなので
次回もあるのであればまた参加したいと思います。

(了)

広告
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク