「1985年のクラッシュギャルズ」読みました

遅ればせながら「1985年のクラッシュギャルズ」(柳澤 健/著)を読みました。

内容は、クラッシュギャルズ(長与千種・ライオネス飛鳥)の2人の
幼少からの人生とクラッシュギャルズ結成時の盛り上がり、そして
現状に至るまで周囲の人の取材も交えた詳細なルポになっています。

まず、幼少期の2人の歴史がすごい境遇の中生まれ育っていく
そのすごさだけでその物語に惹きこまれます。

そして全女入門時の最下層で入りながらも天性の才能を持った長与千種と
レスラーとしては地味なタイプだけどエリートで実力があったライオネス飛鳥の
2人がタッグを辿る変遷、全女自体の構造の問題なども緻密に書かれており
興味深く読むことが出来ました。

全女が衰退していき、GAEA JAPANやJ’dなどの新団体設立時の
お話は当時ラジオやCSで目撃していたことの流れや裏話などをリアルに
感じ取れることが出来て個人的には一番面白かったポイントです。

さらに話は現在へと流れていき、あれだけ隆盛を極めた2人が
決して恵まれた環境の立場でないという現状だという事実にも
このお話の深みが増しているような思えます。

今回はどちらかといえば、2人の女性の物語として
面白いという面を押しだして紹介をしていますが、

全女をモデルとした組織論としても実例に富んでいて
その側面から読んでみても面白く読めると思います。

プロレスファンの方は当然ながら、プロレスファン以外の人も
ルポではありますが物語としてとても面白いものだと思いますので
是非ともご一読いただきたいと思います。

(了)

広告
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク