1000mってすごい距離だと感じる新潟競馬場

1000mの直線コースが見たいとことが
今回の主目的だったので、新潟競馬場へ行ってまいりました。

IMG_1331s-

新潟駅の南口のバスターミナルから少し離れた場所から
開催時のみ運行されている臨時のバスに乗り込みます。
片道は570円、往復なら1000円です。

今回は往復分の切符を買い、出発しました。
所要時間は約35分程度になります。

移動中はバイパスなどを通るので、
あまり景色を楽しんで移動するという感じではありません。

そして、新潟競馬場に到着しました。
入り口から入ると、目の前にすぐパドックがあります。
そして右側のスタンドを抜けると、コースが見えてきます。

全体的な大きさとしては小さめではありますが、
全体を歩き回るにはちょうどいいサイズではないかと感じました。

panorama

クリックで拡大します

当日は、「糸魚川特別」というレースが開催されていたため
「糸魚川ブラック焼きそば」という薄焼き卵が上に乗った
黒いイカ焼きそばが販売されていました。

予想が当たれば食べる!と意気込み勝負していたのですが
諸々のアドバイスを参考に買ったところ見事に大当たり!
無事に食べることが出来ました、勝利も相まって味は格別でした。

IMG_1334s-

予想が当たれば食べる!と意気込み勝負していたのですが
諸々のアドバイスを参考に買ったところ見事に大当たり!
無事に食べることが出来ました、勝利も相まって味は格別でした。

新馬戦では自分のブログに関連した名前の馬が出てましたので、
何かの縁と買ってみましたが後ろから2番目という
残念な結果に終わりました。

IMG_1340s-

そして目的の1000m直線のレースの時間となり、
早々とコースのところで待っていると、やはり同じような考えを持っている人が多く
けっこう早めにコースすぐの柵のところは人で埋まりました。

やはり1000m離れているということもあり、
肉眼でスタート地点が見えません、半分くらいの距離でやっと
馬群を見ることが出来ました。

端から見てもスタート地点が見えず

端から見てもスタート地点が見えず

見えた!と思っている一瞬のうちに目の前を駆け抜けていき
改めて馬のスピードを体感できた瞬間でした。

競馬場自体に訪れたのが久々ということもありますが、
柵とコースの間があまり離れていないということもあり
迫力とスピード感はものすごいものがありました。

IMG_1353s-

場所的に行きにくい場所ではありますが、
行っていただければ、その迫力は感じることが出来ると思いますので
行くだけの価値はあると思います。

(了)

広告
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク