成田空港から高速バスで東京駅まで移動したらすごい楽だった

最近は東京へ行く際はもっぱらジェットスターというLCC
を利用していますので、成田空港から行動開始となることが
多くなりました。

いつもは、京成線のアクセス特快などに乗って
スカイツリーのあたりから東京の中心部へ
入っていく方法をとっていました。

今回は、同じ京成でも京成バスの方を利用して
成田空港から東京駅の間の路線を使用してみました。

時間通りに走るのか?

バスの運行時間は渋滞とかもあるから読めないな?と思っていましたが
いざ乗ってみると、ほとんどの道程が高速道路であったために
スムーズに1時間で東京駅に到着することができました。

今回は行き帰りと利用しました。帰りは台風に刺激された
前線の影響で大雨で不安でしたが、高速が通行止めになることなく
帰りも同様に1時間で到着しました。
(しかし、万が一の事態もあるので時間には余裕を持って行動を)

運行本数も日中はおおむね20分に1本程度運行されているので
利便性という意味でも乗りやすいと思います。

運賃の面でのメリット

値段も電車賃から比べれば、
成田空港-東京間(最安)で 1,357円(IC料金)のところを
成田空港-東京(京成バス)なら、当日払いで1,000円となり
3/4くらいの運賃で利用できます。(執筆時、yahoo路線にて検索)
(一部深夜早朝便は、2,000円になるようです)

行きは時間が読めなかったので成田空港のバスカウンターで
チケット購入しました。成田空港の当日の到着口からすぐのところに
バスのカウンターも迷わず行けましたし、そこからバス乗り場も近かったので
待ち時間少なくバスの乗り込むことが出来ました。

帰りは早めに入ることを想定していたので楽天トラベルから予約しました。
楽天トラベル経由で申し込みをすればポイントも貰えて
その上、当日払いより100円安い900円で乗れ
非常にお得に利用することができます。

(他に発車オーライネットからも予約可能で、
 こちらも900円で予約できます)

乗りやすさはどうか?

東京駅の乗降場については、八重洲北口から少し歩きますが
道順はシンプルに行けますので電車の乗り換えの手間を考えれば、
少し遠い面もカバーできると思います。

また大半は東雲車庫が終点となっている便となっているので
お台場方面へ用事のある方も行きやすくなるのではないか?
と考えます。(実際に使ってないので予測で申し訳ありません…)

混み具合も満員というわけでもなく、各ブロックに一人もしくは
一組で座れるくらいの余裕があり快適に過ごせたので
今後もぜひ活用していきたいです。

京成バス 東京駅-成田空港 高速バス「東京シャトル」

広告
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク