塚口のロックなラーメン屋を2軒巡りました

先日ラーメンツアーを行おうということで
会社の方に連れられて行ってきました。

まずはJR塚口から少し歩いたところにある
「ロックンビリーS1」です。

ロックンビリーS1 - 食べログ

開店10分前に到着したのですが
既に10人ぐらい並んでいました。
女性も数名混ざっていてラーメンに対しての意識の高さを感じます。

道路に面するところに掲げてある看板が
とても威圧感たっぷりでどんなロックなラーメンを
食べさせてもらえるのか?と期待感は高まります。

IMG_1701

カウンターは10席なので、最初には食べられず
後ろの椅子で待つことになりました。

店内を見回してみると、ヒッピーテイストな模様の壁に
半紙に書が書かれたものが何点か、そして小さな照明の
カバーには「ラーメンは、豚ガラ鶏ガラ人柄」などの
ポエム的な要素を含んだ名言が書かれています。

半紙の方を注視していると、
「太陽 おおにしこうじん」と書かれていたので
思わずハッとしてしまいました。

IMG_1703

吉本で漫才をやられていた、ちゃらんぽらんの大西さんではないか!
漫才を辞めてから絵描きになりそういえば自分のことを
「太陽様」って言ってたよなと頭をよぎりました。

そうこうしているうちにカウンターの席が空き
「尼ロック」という醤油ラーメンを注文しました。

麺を注文するとリーゼントの店主さんの手さばきにより
格好いい湯切りが出てきて、調理過程でも楽しませてもらえます。
そうしてついに「尼ロック」が私の元にやってきました。

IMG_1704

細麺で透き通ったスープ、トッピングには
豚と鶏のチャーシューそしてメンマが乗っています。

店主のロックな感じとは違ったイメージの
とても優しい味だったので多少の戸惑いはありましたが
美味しく頂きました。

鶏のチャーシューは初めて食べましたが、
そのもちもちした食感で一番印象に残り
また食べてみたいと思いました。

その後もけっこうな列が出来ていたので
食べ終わってすぐに席を立ちロックな挨拶があるのか?
と思いましたが、普通に「ありがとうございました」と言われ店を後にしました。

続いて訪れたのが、阪急塚口駅近くの
「麺69チキンヒーロー」です。

麺69チキンヒーロー - 食べログ

IMG_1711

なんでも居酒屋「鳥貴族」系列のお店らしかったのですが
そんな感じは1つもないくらい静かな感じでした。

こちらもロックではありますが、静かな雰囲気の店です。
夜で寒くなっていたということもあり、
入った途端にメガネが曇って何も見えなくなるという
事態に見舞われましたので食券を買うことすら阻まれました。

空いている席に適切に座ったところ混んでもいないのに
「席を端の方に詰めてもらえますか?」と
ロックな対応を受けて少し危機感を感じました。

こちらでは「極濃」というラーメンを注文しました。
こちらはすんなりと到着。
チャーシューに白髪ねぎ、アスパラが乗っています。

IMG_1713

1口スープを飲んでみると、まるでポタージュスープを
飲んでいるかのように濃厚なスープでした。

正直体調が悪い時に食べると、より悪化しそうなくらい
濃厚なスープで「尼ロック」とは違う意味での衝撃が走りました。

麺は太麺で濃厚なスープに見合うような太さなのかもしれませんが
ボリューム的には食べる前から満腹感が味わえます。

同じく期間限定の「トマトラーメン」も少し頂きましたが
こちらはその濃厚なスープにトマトの味が乗っかって
まるでトマトクリームのスパゲティを食べているような感覚になります。

こちらは空いていましたが、身体を動かさないとヤバいという
信号を内からキャッチしましたので早々に後にしました。

店を出て少し歩くと、先述の太陽様のアトリエがあり
そちらの方がよりロックだったことをお伝えした
今回の記事を締めたいと思います。

(了)

広告
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク