映画「味園ユニバース」観ました

予告編

説明

「関ジャニ∞」の渋谷すばるが、歌うこと以外全ての記憶を失った男を演じた映画単独初主演作。「リンダ リンダ リンダ」「もらとりあむタマ子」の山下敦弘監督がメガホンをとり、「私の男」「日々ロック」など、話題作の絶えない二階堂ふみがヒロイン役で共演した。大阪のある広場で行われていたバンド「赤犬」のライブに、ひとりの男が乱入し、マイクを奪って歌い始める。その歌声に観客は圧倒され、「赤犬」マネージャーのカスミも興味を抱く。しかし、男は記憶喪失で歌うこと以外、何も覚えていなかった。カスミは男を「ポチ男」と名付け、赤犬のボーカルに迎えようとするが……。タイトルの「味園」は大阪・千日前に建つ、昭和の複合商業施設・味園ビルから。全編を大阪で撮影し、大阪を拠点とするバンド「赤犬」も本人役で出演している。(映画.comより引用)

感想

主演の渋谷すばるさんのこれまでのイメージは
歌が上手くて格好良いけど、メンバーの中では
あまり目立とうとしない感じなのかな?
という個人的なイメージがありました。

映画のプロモーションでもその個性が
出すぎたあまりに反省文を書くという
事態にまで至りましたが、

関ジャニ∞渋谷すばる、直筆の反省文を配布「恥ずかしくない行動を」

そのイメージが今回持ち味として発揮されたのが
この「味園ユニバース」だと思います。

それまでの歌が上手いという印象はありましたが、
冒頭の「古い日記」のアカペラでその印象を上回った上に
鬼気迫るその感じは素晴らしく惹かれました。

監督の山下敦弘さんも「もらとりあむタマ子」でも
前田敦子さんの隠れた能力を引き出したという意味では
アイドルの潜在的な魅力を引き出すのが得意な方だと思います。

物語自体、謎の男が現れてその男の事実がだんだんと
現れてくるという、有り体な話ではありますが
その方面でのカタルシスはあまり解消されない気がします。

そういう意味では鑑賞後「一体何だったんだろう?」
と一瞬頭をよぎりますが、

その変わりどうしようもない状況の中でも、
ある一瞬において楽しい時間が訪れその瞬間だけでも
現実を忘れて心から楽しむことは出来るという感覚を
味わえる作品ではあります。

物語自体の構造は脇に置いておいたとしても、
渋谷すばるの魅力を感じるには最高の作品であると思います。

(了)
広告
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク