映画「百円の恋」と「幕が上がる」を観ました

感想を書くタイミングを全く見失い
溜まっていくばかりになりそうなので
2本まとめてご紹介します。

まずは、「百円の恋」

予告編

解説

松田優作の出身地・山口県で開催されている周南映画祭で、2012年に新設された脚本賞「松田優作賞」第1回グランプリを受賞した足立紳の脚本を、「イン・ザ・ヒーロー」の武正晴監督のメガホンで映画化。不器用でどん底の生活を送っていた女性が、ボクシングを通して変化していく姿を描いた。実家でひきこもり生活を送る32歳の一子は、離婚して出戻ってきた妹とケンカしてしまい、やけになって一人暮らしを始める。100円ショップで深夜勤務の職にありついた一子は、その帰り道に通るボクシングジムで寡黙に練習を続ける中年ボクサーの狩野と出会い、恋をする。しかし幸せも長くは続かず、そんな日々の中で一子は自らもボクシングを始める。14年・第27回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門で作品賞を受賞。
(映画.comより引用)

感想

昨年末の公開の映画ですが遅ればせながら鑑賞しました。
なんと言っても、主演の安藤サクラの変貌ぶりがすごいです。

最初はだらしない体つきで人ともしゃべることが
出来なかった主人公があることをきっかけに
ボクシングを知り鍛え抜いて軽やかなステップを見せるまでの
姿へと変化を遂げる様子はまさに女優の仕事として素晴らしいと思います。

物語自体はシンプルな成長物語だと思いますが、
音楽とともにその成長ぶりを見せるという手法は
監督の前作の「インザヒーロー」同様、
気持ちのブチ上がり具合は半端なかったです。

全編通して出てくる丸文字のフォントのロゴが
最後にはそのフォルムのままであっても格好良く見えてしまうところなど
監督はこういう演出が上手いと思います。

最後は決して幸せな結末ではなく、
登場人物が同情したくなるような人たちではないですが
その人たちが平穏な日常を過ごしてくれと心から思ってしまう
感覚に陥ってしまうそんな素敵な映画でした。

続いてみた映画は「幕が上がる」です。

予告編

解説

劇作家・平田オリザが2012年に発表した処女小説を、人気アイドルグループ「ももいろクローバーZ」の主演で映画化。北関東にある県立富士ケ丘高等学校。演劇部所属の高橋さおりは、まもなく演劇部最後の一年を迎えようとしていた。個性的な部員たちとともに、年に一度の大会で地区予選突破を目標に掲げたさおりだったが、東京の大学で演劇をやっていたという美人の新任教師・吉岡先生に後押しされ、全国大会を目指すことになる。「踊る大捜査線」シリーズの本広克行監督がメガホンをとり、演劇に打ち込む高校生たちの青春を描いた。吉岡先生役で「小さいおうち」の黒木華、演劇部顧問の溝口先生役でムロツヨシらが共演。脚本を「桐島、部活やめるってよ」の喜安浩平が手がけた。
(映画.comより引用)

感想

原作が小説のものであるならば通常であれば
その違いに失望しないように映画を観てから小説をみるという
行為に出るのですが、今回は先に読んでみました。

当然原作の方が先に書かれているのですが、
まるで5人のメンバーにあてはめたような配役で驚きました。
映画も思った通りの配役でそのあたりは違和感なく楽しめました。

本筋自体も小説との変化は少しで本編の半分ぐらいのところまでの
話となっていますので、原作ファンも楽しめるとは思います。

ただ、突如出てくる話とはほとんど関係の無いシーンや、
これまでのももクロの活動になぞらえたセリフや行動、
友情出演の人たちのその上映時間の中での占める割合が多く
その部分が少し濃い感じとか人によっては受け付けないかもしれません。

そういう部分もひっくるめて、悪い意味でも良い意味でも
ももクロらしい映画であり、この面子でしか出来ない映画としては
最高のものだと思います。

(了)

広告
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク