アポロン山崎の占いブースで手相を見てもらいました

これまで自分のやってこなかったことをやってみようと思い立ち、何かを考えたところ「そうだ占いだ!」という考えに至り、「よしもと漫才劇場」にある占いブースで行われているアポロン山崎さんの占いを受けてきました。

アポロン山崎さんはよしもとの若手芸人さんで先輩芸人さんを占ったところ良く当たると評判になった方だそうです。今回はそんなうっすらした情報で受けてみました。

前日に思いたち、チケットよしもとにて確認をしてみたところ空きがあったので早速申し込みました。コースはどれも15分で2千円・3千円・4千円に分かれています、占うツールの違いと内容によって金額が分かれるようです。

今回ははじめてだし、そこまで細かく聞く必要はないしといろいろと都合の良い理由を並べて2000円のコースのチケットを購入しました。

占いブース(a.k.a.階段の踊り場)に通される

そして当日、予約時間は16時でしたので少し早めに到着しました。15分刻みの予定で昼から夜まで予定が詰め込まれているので時間が押しているということでロビーで少し待ち時間がありましたが、ほぼ定刻通りにブースへ通されました。

「占いブース」という名前は付いていますが、本当のことを申しますと漫才劇場の受付の後ろにある階段の踊り場に長机を置いてある状態です。そこは服部宝観から流れる系譜として受け入れることができました。

夜のヒットスタジオばりに階段を下りていくとすでにアポロン山崎さんが見える状態で待ってられます。急ぎ気味になり席に着いてさっそく手相をみせ鑑定のスタートです。

開始2,3秒で性格を当てられる

名前も生年月日も告げずパッと手相を見せ、2,3秒もかからないうちにいきなり私がどんな性格か?というところを言い当てられました。占いの話法としていろんな方法があると思いますがそんな手法など使わず、ストレートな口調で言われたので良い意味で呆然とさせられます。

その後も手相を観ながら「ここはこういう線だから、こういう性格です」や、誰とタイプが似ているからこういう仕事が向いてますと詳細に言ってくれます。その一言一言が全部自分に当てはまり過ぎて怖いくらいです。

更には自分が今悩んでいること自体も手相だけで言い当ててくれます。もう当たり過ぎてわけの分からない状態ですが、話はどんどん進みます。その状態からやっと生年月日を聞かれ、詳細に今はどのようにした方がいいなどのアドバイスをもらいました。

この段階で私の中にあった憑きものが全部落ちた状態でしたが、最後に時間が余ったということでタロットもしてもらいました。そして引いたカードがイベントカードで「これは何かが変化を期待している、いつもこんな場に来ないのに占いに来ているのも出ている」と出て、

エラいところに来てしまったけど、とにかく得るものは大きかったという状態で15分の鑑定時間は終了しました。

1回受けてみる価値はあると思う

帰りは喫茶店でも寄ってボーッとしようかと思いましたが、呆気にとられてどうする気力も沸かずに自分の中でグルグルと言われたことを反芻していました。

とにかく話を聞くだけでも非常に面白いと思いますので、機会があれば受けてみてはいかがでしょうか?基本的には難波千日前のよしもと漫才劇場みたいですが、たまに幕張にも行ってるみたいですのでお近くに来た際はこの感覚を体験して欲しいです。

広告
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク