いわき・小名浜に行ってきました(午前編)

前回計画したとおりに福島県いわき・小名浜の方面を巡ってきました。なんとかうつらうつら睡眠を取れて予定より1時間弱早めに到着しました。駅前の雰囲気は新たな構築されて非常に綺麗な感じでした。

いわき駅

まずいわき駅周辺を散歩

東日本大震災から4年経って、復興が進んでいないみたいなニュースを聞いたりしていたので「どんなもんなんだろう?」とは思っていましたが古い建物とかも普通にいっぱいあったので、やはり現場を観てみないと分からないこともあるなと改めて感じました。

早めに着いたので少し散歩をします。途中、劇団四季的な酒屋さんを横目に少し歩いて「いわき平競輪場」へ到着しました。とても綺麗な建物だったので「これも震災の影響なのかな?」と思ったら、2005年にリニューアルのようです。しかし、現在は改修中のため2015年いっぱいは入れないようです。

劇団四季っぽい酒屋さん

劇団四季っぽい酒屋さん

いわき平競輪場

いわき平競輪場

朝ごはんは喫茶ブレイク(BREAK)にてモーニングセット

いわき駅前まで戻り、LATOV(ラトブ)という大型ビルの裏手にある喫茶ブレイクにてモーニングセット(690円)を注文しました。

少し待って出てきたのが、1/2斤はあろうかというトーストに卵2個を打つかったベーコンエッグ、サラダとコーヒーです。1つ注文して2人でシェアしても十分おなか一杯になるボリュームのモーニングでした。

モーニングセット(690円)

モーニングセット(690円)

店内も昔ながらの喫茶店の雰囲気で、隣に大学の先生風の紳士が熱心に本を読まれていたのが非常に似合う空間でした。

いわき駅から小名浜方面へ

本来なら泉駅からバスに乗ると時間的にも料金的にもお得なのですが、若干疲れと面倒さ、そしてモーニングのパンチの強さを感じておりましたので、いわき駅からバスで小名浜方面へ直行しました。

バスに揺られながら、比較的大きな道のロードサイドに全国チェーンの新しめの店が多く並んでいたのが少し切ない感覚になったこととバスの途中の停留所の近くに前回行きたかった「メヒコ いわきフラミンゴ館」があったことで降りようかどうか迷ったことが特に印象に残ってます。

絶景だけどちょっと怖い「いわきマリンタワー」

終点の小名浜車庫で降り、そこからさらに徒歩で20分弱。目的の「いわきマリンタワー」に到着。

こちらも昭和61年の建物で海辺にあるのになぜ被害を受けていないのかな?と思ったのですが、立地的に高台にあったので大丈夫ということも現地に行って分かったことです。

入場料320円を支払い、エレベータで一気に展望台まで上がります。そして少し狭い階段を上り、オープンテラスまで移動しました。高台の上のタワーとということで絶景を堪能できます。

いわきマリンタワーからの絶景

いわきマリンタワーからの絶景

しかし、一応柵はあるもののオープンの名の通り大人ならそこそこの部分がむき出しになる状態で海岸沿いということでものすごい強風を感じるとともに、テラスというネーミングですがイメージ的に灯台のてっぺんぐらいの広さなので多少の恐怖感も味わえます。

帰りは階段でも降りられるようだったので、階段で降りました。ガラス張りなので周りの景色を楽しみつつ、途中に漁業や船に関する展示などもありましたので高さの割には楽しめて降りることができました。

いわきマリンタワーのある三崎公園自体も広大で素敵な公園でした。小名浜漁港の向かう道の下り坂はゆずの「夏色」のPVに出て来そうな感じだったので、ゆっくりゆっくり下っていきました。

IMG_2458

朝食から3時間以上経過して、この時点でもトーストが私の胃袋の大半を占めていましたが次は昼食をいただきに小名浜漁港の方へ向かいますが、そこそこのボリュームになったので次回に書きたいと思います。

(続く)

広告
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク