いわき・小名浜に行ってきました(昼下がり編)

前回からの続きで、いわき・小名浜方面の旅行記を書いていきたいと思います。

(前回分)いわき・小名浜に行ってきました(午前編)

市場食堂で豪華な刺盛り定食を食べる

三崎公園を下り小名浜漁港の方面に入っていきました。「ここもそこそこ人がいるんだろうな?」と思っていたら全然おらずけっこう閑散としていました。

下調べして無難なところということで市場食堂というところに入りました。他にも安価で海鮮丼や刺身が食べられるところは数カ所見かけました。

正午少し前に到着して、いざ入ってみると先客はおじさま4人の1組だけで閑散としていました。店員さんも何か作業中で入口に背を向けての丁寧なお出迎えを受けました。

一通りメニューを見て刺盛り定食を注文。少し待つと出てきましたがこれがとても豪華なもの。マグロやハマチ、サザエ、ウニ、タコ、生海老など9種ほどの刺身とほっけの焼き物、茶碗蒸しとみそ汁・ごはんが出てきました。

日陰で見えにくいですが、刺盛り御膳

日陰で見えにくいですが、刺盛り御膳

豪華過ぎて一緒に食べていてもごはんが余るくらいのボリュームでどれも美味しくいただきました。モーニングで1/2斤のトーストを未だ消化できていない状態でしたので美味しさは保証できると思っています。

それだけのボリュームがあって、値段も1,400円と非常にリーズナブルに昼ごはんを食べることが出来ました。これだけお得ならもっと食べたかったところですが物理的な限界を迎えましたのでお店を後にしました。

近くには有名なチーナン食堂もありましたが、こちらはそこそこお客さんが来ている様子でした。

いわき ら・ら・ミュウとアクアマリンふくしま周辺は観光客がいっぱい

とにかくお腹がいっぱいなので、次の目的地まで海岸沿いを歩いていきます。「廻船問屋」というフレーズを掲げた会社の看板も始めてみましたが、ものすごく格好良かったです。

IMG_2460

そんなことを思いつつ歩いていると、整備された綺麗な敷地へと移動してきました。こちらは打って変わって観光バスがものすごい並んでいます。

まずは「アクアマリンふくしま」へ。こちらも新しい施設でしたが震災前にできたみたいです。こちらも面白かったので個別で記事に書いてみたいと思います。フリーパスを買って通っても飽きない印象を受けました。

そして、「いわき ら・ら・ミュウ」という複合施設に入ります。お土産物屋さんと飲食店、魚市場、遊覧船乗り場、イベントスペースなどいろいろありました。

当日は、消防イベントとして幼稚園児といわきのゆるキャラ「フラおじさん」による見回りがありました。昔、高見山が太鼓を叩いているCMの曲を普通の園児が歌っている様子も見られてなんだか新鮮な感覚でした。

IMG_2510

フラおじさん(中央)


めひかりの天ぷらをテイクアウトで探したのですが、どこにも見つからず。めひかりせんべい(200円)をいただきました。小魚の苦味がいい感じにあり、こちらも美味しくいただきました。

IMG_2511

またイベントスペースの展示にあった避難所の生活の様子はやはり何度見ても、いろいろな感情が湧き上がってきました。当日どこまで水没したかの指標もそのすごさを教えてくれました。

IMG_2509

IMG_2512

駅までの道のりは工事区間ばかり

まだなお満腹感が続いていたので、最寄駅まで歩いて戻りました。道路沿いを歩いていたら工事区間がおおく道端には多くにキリンさんが立ち並んでおりました。このあたりを見ると、復興は道半ばの状態なんだなということは実感しました。

IMG_2513

道すがらは昭和感漂う理髪店のギョッとする看板を見つけたり、トレンディな県議会選挙のポスターをみたりしながら駅に戻りました。

IMG_2515

ちなみにえいさくさんが当選しました

ちなみにえいさくさんが当選しました

と書いているうちにまたボリュームがそこそこになりましたので、続きは次回にしたいと思います。

(続く)

広告
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク