ボートレース常滑は観光目的の初心者に優しい競艇場

名古屋への用事のついでにそのまま宿泊して
ボートレース常滑に行ってきました。

当日は強風がすごくて名古屋駅から乗った特急も
セントレア手前の橋が規制に引っかかり常滑止まりに
なったほどでしたが
開催はされていたので楽しむことにしました。

常滑駅から歩ける距離ではあったのですが、
天気が悪くて持って行った傘が壊れるほどの風に
やられたので徒歩は諦めて、
りんくう常滑駅から向かうことにしました。

りんくう常滑駅前には端から端まで歩くのに
7~8分くらいかかる巨大なイオンがあり、

中央には常滑と書かれたちょうちんと、
大きな常滑焼の招き猫が鎮座していました。

イオンの提灯、思っている以上にでかいです

イオンの提灯、思っている以上にでかいです

こちらもでかい招き猫

こちらもでかい招き猫

また、コストコやめんたいパークなどもあり
一大観光地域みたいな状態でした。

歩いていくのも、そこそこ近い

イオンを見回っているうちにそこそこ時間が経過して、
すっかり雨も上がっていたので
歩いて向かうことにしました。

それぞれが大きい建物であるため、
遠近感がつかめず近いと思っていた
ボートレースとこなめまで
けっこうな距離に感じました。

2つある入口のうち
西側の入口より入場しました。

入口にはボートレースとこなめのキャラクターから
常滑市の公認キャラクターに昇進した
トコタンが出迎えてくれました。

可愛いですが出世街道を突き進むトコタン

可愛いですが出世街道を突き進むトコタン

設備自体はけっこう古いですが、
広々として座る場所などが多くて
ゆったりと観戦できる印象です。

中の構造が多少入り組んでいるので
慣れるまでは迷うかもしれません。

入口はももちも驚きの「楽しんでニャン」

入口はももちも驚きの「楽しんでニャン」

当たりやすいと思うので初心者も楽しみやすい

個人的な印象としては住之江と同じように
インが有利なのかな?という印象でした
(1日見ただけなのでどうとも言えませんが・・)

なので買い目を絞りやすいかなという印象です。

また開催日になると公式ホームページに
予想が掲載されるので利用できると思います。

当日も印を参考にして買ってみたところ、
結果勝率50%で終えることができました。
なので、初心者向けには予想のしやすい
ボートレース場かな?という印象を受けました。

余談ですが、レース開始を告げるVTRには、
常滑の観光地のアピールも入っているところは
憎い演出です。

名古屋グルメは一通り網羅できる

1階にフードコートみたいなところと
随所に売店があるので、食べ物も充実しています。

名古屋のモーニングなどで出てくるあんトーストや、
どて丼、赤味噌のとん汁、
いずれも普通に美味しかったので
それを目的にまた行きたいほどです。

あんトースト、冷めてますが両面焼かれています

あんトースト、冷めてますが両面焼かれています

名古屋競馬場のとん汁も赤味噌でした

名古屋競馬場のとん汁も赤味噌でした

特に珍しかったのは、常滑名物の「ふところ餅」で
3色の小さく切られた甘いお餅は150円で
ボリュームがすごかったのですし、
他の競艇場には絶対なさそうな代物です。

2人以上で分け合える量は十分にあります

2人以上で分け合える量は十分にあります

けっこういろんな種類ものを食べましたが、
食べ損ねたきしめんや
名物の醤油ラーメンも食べてみたいです。

観光目的でなくてもまた行きたい

初回ながらものすごい好印象で
過ごすことが出来ました。

もう少し勝っていたらそのまま蒲郡のナイターに
流れてやろうかとも思いましたが体力の限界を感じて、
そのまま帰路へとつきました。

また訪れてみたい競艇場が
増えてしまって大変ですが、良い場所でした。

ボートレースとこなめオフィシャルホームページ

(了)

広告
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク