行政書士試験を受けて来ました

自宅の引っ越し後、今後を見据えてライセンスをとって心の安定につなげたいと思いまずFP技能士3級を取得しました。

こちらはスマホのアプリを利用してガンガン問題を解いていったら合格できる程度の難易度でしたのが試験開始前2週間ほどで気合を入れて無事に合格できました。

それをウォーミングアップとして次に先日試験が終了しました行政書士試験を受験しました。国家試験であるんですが、出てくる判例や事例が面白く

個室付き浴場を開設阻止のために児童用施設を周辺に作る。

95年の某宗教団体の解散命令は信教の自由に反するものでない。

月刊誌の某宗教団体に対する記事は事実性を欠くので公共性に欠けるとか、

信仰上の理由で、学校での剣道に参加しないとか輸血しないことに対して代わりの措置を取らなかったり説明がなくやるのはよくない。

暴力団員を理由に公団の契約解除をしても憲法違反でないとか、まんま「ヤクザと憲法」に主張されているような話も出て来ました。

よくよく見ると、けっこう生々しい裁判事例でそれを想像することができ、非常に有意義な時間を過ごせることができました。

また、模試を資格学校で受験した時には年上の年代もたくさんいらしたことや授業の様子などを見ると改めて自分の方向性について考えられる良い機会となりました。

今年の試験は少し変わっていたようで、各資格学校の想定していない問題がたくさん出て来ました。自己採点としてもボーダー少し下くらいなので少し厳しい結果になると思います。

ではありますが、作業のやり方とか時間配分、テクニックの重要さとか吸収できるものが多かったので受けて見て良かったです。

(了)

広告
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク