「千葉真一の天魔覆滅ナイト2」を聞いてきました

昨年12月29日にロフトプラスワンウエストで行われた「千葉真一の天魔覆滅ナイト2」に行ってきました。

仕事納めの翌日で昼にもおいしいもつ鍋もいただき、その流れで満喫して来ました。

参加のきっかけは信頼できる方からの「これ面白そうじゃない?」という発言から、千葉さんの作品をほとんど見てはいませんが、前日に春日太一さんの単独トークライブに行きたかったにもかかわらず納会で参加できなかったので丁度良かったということことで参加しました。

少し遅れて到着して入ったときには8割方埋まっていて、長年芸能界にいらっしゃる方のパワーを感じました。

いつものイベント紹介を経て、19:30イベントが始まりました。影の軍団のオープニングとあわせて登場し、観客を沸かせました。その音楽にちなみ冒頭で影の軍団の話をし、本題である「徳川家光の反乱 激突」の裏話からスタートです。

CGなしですごいアクションを見せる「徳川家光の反乱 激突」

秘蔵映像を交えてのトークとなった「徳川家光の反乱 激突」の裏話が展開されました。

上の映像でもお分かりの通り、馬が走っているなか騎手が落馬したり、馬が1回転、大規模な爆破など見ているだけでもすごい!と思うしかない映像が連続しています。

それだけでなく当時CGの技術などもありませんから、千葉さんの演出で一切の加工もなく行われいているという点です。

映像にもその他に峡谷にワイヤーを貼って身体ひとつで渡ったり(カメラマンもワイヤーで運ばれて撮影)、高い崖の途中にブランコを張って人を飛び込ませたり、アメリカでもやったことにない火を使ったアクションをしたりと驚きの連続でした。

そんな中でも当時の記憶が鮮明に残っていて、楽しそうにしゃべる千葉さんもまたとても面白いです。(当時のファッションもJACのスタッフにいろいろ指導しておいて自分は『NO PROBLEM』と書いているのも素敵でした)

そんなこんなで映画と同じくらいの2時間くらい喋って、前半戦は終了です。

後半も丁寧に答えてくれる質問大会

後半は会場の参加者からの質問にどんどん答えられました。

役者としての考え方や、30歳での生き方などの人生相談から「宇宙刑事ギャバン」や「キルビル」などの裏話、「戦国自衛隊」のシーンの話などピンポイントな参加者の質問にも即座に話をされていてすごかったです。

千葉さんの話も素晴らしかったですが、春日さんの話を聞きながら次の展開に持っていく感じやお客さんの聞きたかったであろうことも拾い上げる力もさすがだなぁと感心しました。

また、後で年齢の話になったのですが78歳というのですからさらに驚きです。話は尽きることなく終電が近いということでこちらも2時間で終了。その後もサイン会が開かれましたが私も終電がありましたので会場を後にしました。

素晴らしいイベントでした

終始和やかに話をされる雰囲気で楽しく参加させていただきました。次回も開かれるのであればぜひとも参加してみたいと思います。当日は写真OKでも出ていましたので最後に写真を載せて閉めたいと思います。

(了)

広告
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク